スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪、待っている

DSC00288.jpg

劇場版 涼宮ハルヒの消失


ついにこの日が来ました!

初日の初回にいてもたってもいられなくて速攻で見にいきました!

ネタバレはしませんが、簡単な感想を。

作画は実写かと思うくらい街並みや教室などの背景が美麗で、物語をとてもよく引き立てています。

パンフレットにあるように、劇場版なのでかなりお金と時間をかけただけはあると思います。

消失後の長門がすごく可愛くて、みなさん心の中で俺の嫁だと思っていたに違いないでしょう。

みのりんの芝居も少しは見れるようになって来ました、相変わらず通常時の長門は下手ですが。

劇中も冬(一部夏)で雪の降るシーンなどリアルタイムとリンクする部分があり、上映が冬で本当に良かったです。

冬、ひいては雪は「切ない」の代名詞かもしれませんね。

メインは長門とキョンなのでハルヒの見せ場は少ないですが、これくらいが丁度いい気がします。

いすぎると単にうざすぎて見れないですからね。

出番は長門よりは少なかったですが、しっかりとウザクない程度に印象付け出来ているし、平野さんのお芝居が格段にうまくなっていますね。

特に消失後にキョンとの学園前での絡みは注目して聞いていました。

消失は長門がヒロインのように見えますし、とうぜんヒロインなんでしょうが本当の意味でのヒロインはやはり「涼宮ハルヒ」であるのです。

しおりと入部届けの天秤、キョンの改変前のモノローグなどなどどれもが涼宮ハルヒを中心としてキョンは思考しています。

長門の良い部分が沢山出てきた劇場版ですが、長門がハルヒとの差を永遠と埋められないような印象が強くなりました。

キョンはあくまで「命の恩人」だからと考えています。

ハルヒがいる日常を求めているんです、彼は。

長門にとってターニングポイントとなる今回の事件、彼女の恋は実る可能性はかぎりなく少ないですが、いつも無感動でみんなを見ている長門が初めて抱いた感情を報われるようにしてあげたいですね。

彼女だって普通の少女のようでありたいと願ってしまうのだから。

恋とは難しいですね。 永遠のテーマです。

この素敵なラブストーリーをまた劇場で見たいです。

エンドロール後の後日談が素晴らしかったです。

なぜ彼らを見て長門が本で顔を隠したかは皆さん思うところがあると思いますが、おそらく微笑んでいる自分を隠すためなんじゃないでしょうか。 感情が徐々に溢れてきているのでしょうね。
ただ、何故隠したのかが気になりますが。
隠すということは自分が微笑んでいる事を自覚していて、さらに誰かに見られているからということになります。
ですが、映画の視点は完全にキョン視点でした。
最後だけこちら視点になったと考えるとちょっと釈然としませんね。
2回は確実に見るでしょうから、いろいろ考察したいです。
ただ何も考えず自分もキョンと一緒に巻き込まれていくという見方も楽しそうです。DSC00293.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

一文字

Author:一文字
社会人5年目のリーマンです。

mixiで日記をと思ったんですけど、なんか気乗りしなかったのでこっちでまた書こうと思います。

アニメ、ラノベ、ゲーム、声優好きです。
そういわゆるひとつのそういう子。良い子。ゆるい子。不憫な子。そしてオタクな子。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。