スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業適性診断テスト

今日大学で職業適性テストがあった。
適性テストと聞いて、私が最初に思いえがいたのは

Q、あなたは初めてあった人とすぐに打ち解けることが出来る。

Q、何かを考えるよりも先に体が動いている。

などなど、こういう質問に答えていって自分がどんな職業に向いているかなど自己分析に役立てるものだと考えていました。


しかし、私が考えていたようなテストではなく、企業などの試験でも行われているクレーペリンテストだったのです。

クレーペリンって有名ですよね? 
知らない人の為に一応説明を。
簡単に言えば、足し算を永遠繰り返し計算していくテストなのです。
そんな事をしてどうして適正が分るのかと言うと、正直私にもよくわかりません。

ただ、専門家の人が私達の答案を見るといろいろなことが分ってくるらしいです。 筆圧やら、どこまで解けたとか、どこを間違ったとか。


問題をやった感想は、とにかく手が痛い。
あとリズムに乗れないと、いっきにスピードが落ちます。
計算しちゃダメです、これとこれがきたらこれだって答えを頭にインプットしてひたすら機械的に手を動かすだけなんです。

一段づつ回答していって、最高で一段120問あります。
どんなに早くやっても120問は無理です、半分行けばいいほうかと。
もちろん早さも大事ですが、正確さも大切です。
自分では結構早く出来ていたつもりだったのですが、友達を見ると80問答えていて、びっくりしちゃいましたw

上には上がいるもんです。
結果は郵送されて来るそうなので今から楽しみに待っているとします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一文字

Author:一文字
社会人5年目のリーマンです。

mixiで日記をと思ったんですけど、なんか気乗りしなかったのでこっちでまた書こうと思います。

アニメ、ラノベ、ゲーム、声優好きです。
そういわゆるひとつのそういう子。良い子。ゆるい子。不憫な子。そしてオタクな子。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。