スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断の時

大学の研究室配属が決まる。
どの教授について、どんな研究をするか決断の時が迫っています。

生きていく中での分岐。
どこの研究室を選ぶかによってこれからの人生の方向が決まるといっても過言ではない。
なぜなら、選ばれなかった研究室での私はいなくなってしまうのだから。
それは可能性をなくすということ。

違った選択をしていれば、未来が変るのは必然だから。

でも、行きたい研究室がない。 
正直どこでもいい気がする。 そこに配属されればそこでがんばると思う。 でもそれじゃダメなんだよね。

決断の時は刻一刻と迫っている・・・・・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一文字

Author:一文字
社会人5年目のリーマンです。

mixiで日記をと思ったんですけど、なんか気乗りしなかったのでこっちでまた書こうと思います。

アニメ、ラノベ、ゲーム、声優好きです。
そういわゆるひとつのそういう子。良い子。ゆるい子。不憫な子。そしてオタクな子。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。