スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥かに仰ぎ、麗しの

Kanonをようやく全員クリアして、一昨日あたりから「遥かに仰ぎ、麗しの」をやっています。
これは発売前から注目していて、キャラ絵などもすごく気に入っていたので発売が待ち遠しかったです。

まず八乙女梓乃というキャラクターから攻略開始しました。
彼女は対人恐怖症で、そこを主人公の先生がどう接していくかと言うお話です。

プレイしてみて、やっぱり絵が凄く綺麗なんですよね。
作品の雰囲気も私の好きな哀愁漂う感じでこれならスキップをせずに全員クリアするのも出来そうです。

今私の部屋には読むべき文庫本が一冊もなくなってしまって、困っていたのでちょうど良かったです。
PCゲームですが、これはただのノベルに絵とサウンドがついただけなようなものが多いので、ラノベを読む私にとってはもってこいです。

昔は活字なんて殆ど読まなかったのに、今ではラノベを読まない日はないってくらい読んでいます。
ハルヒをまた読み返したりしていますから。
いったい何回目なんだろうw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一文字

Author:一文字
社会人5年目のリーマンです。

mixiで日記をと思ったんですけど、なんか気乗りしなかったのでこっちでまた書こうと思います。

アニメ、ラノベ、ゲーム、声優好きです。
そういわゆるひとつのそういう子。良い子。ゆるい子。不憫な子。そしてオタクな子。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。