スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙が止まらない(TдT)

Kanon10話をとうとう見てしまいました。

「丘の上の鎮魂歌~requiem~」

鎮魂歌(レクイエム)って響きが好きなんです。
なんかカッコイイというか、難しい言葉なのでイカスというか・・・・。
とにかく、そんなニュアンスの言葉は良いよねって事で。



今回のお話で真琴は退場です。
まさか真琴がキツネさんだっとはね~。(ゲームやっていたので知っていましたけどw)こんな話しを信じられるのって水瀬家の住人だけですよ。
もう人間のように話したり、感情を表現することが殆ど出来なくなってしまった真琴は人の形をした動物そのものでした。

「今あなたはつかの間の奇跡の中にいるんです」

天野の役の坂本真綾さんの声が役と物語にばっちりあっていて、物語をより神秘的にそして悲観的にさせています。
あと、何が凄いかって飯塚さんですね。 
今回真琴は殆ど人間の言葉をつかっていません、ただ「あぅ~」「あ~」とか赤ちゃんのような声だけなんですけど、すごく上手。
そのせいで、私が号泣する羽目になったんですけど・・・・。


そしてKanonの卑怯なところは、京アニさんだから、映像がものすごく綺麗でなおかつ音楽が最強です。
やばいんですよ~、音楽聞くだけでそのときの状況を思い出して本当にウルッときちゃいます。


KanonひいてはKEYブランドが嫌いな友達に言わせると、Kanonは曲だけはすごくいいとの事ですw


次回からはゆかりんの魔物の回が始まるみたいですが、正直真琴のほうがいいシナリオだと思いますし、なんかひと段落着いちゃって落ち着いちゃった感じがありますね。
真琴が良すぎたためにこの後もしっかり泣かせてくれないと困ります。
でも正直、一番泣けたシナリオが真琴だったから、後はそこまで泣くようなシナリオじゃないんだよなぁ・・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一文字

Author:一文字
社会人5年目のリーマンです。

mixiで日記をと思ったんですけど、なんか気乗りしなかったのでこっちでまた書こうと思います。

アニメ、ラノベ、ゲーム、声優好きです。
そういわゆるひとつのそういう子。良い子。ゆるい子。不憫な子。そしてオタクな子。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。