スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の夏、UFOの夏。

昨日と今日は暇さえあれば空ばかり見上げていた気がします。
今日はあいにくの曇り空でしたが、昨日は晴れ渡りましたもんね。
なぜ空ばかり見上げていたかというと、それは昨日6月24日は世界的にUFOの日だからです。


時は1947年6月24日午後3時過ぎ、自家用機で空を飛んでいたケネス・アーノルドは空飛ぶ9機の怪物体を目撃した。


大雑把に言うとこのようなことがアメリカで起き、それ以来その日を世界的にUFOの日と呼ぶようになったのです。
気になった方はケネスアーノルド事件を調べてみれば詳しくわかります。

そんなわけで、僕は毎年この時期には空を見上げて遠くの宇宙へ思いを馳せたりしているわけなんです。地球に生き物が存在してるのなら、どこかの星にも生きている人?たちがいると考えると、ちょっとわくわくしませんか?空を見上げていると、世界はこんなにも大きいのに、私はその世界について少しも理解できてないんだろうかと、感傷的になったりしたりもしますw 何かを考えるには空を見上げるのがちょうどいいですよ。


さて、私がUFOの日を知ったきっかけです。
iriya2.jpg

iriya.jpg
そう、またまたライトノベルです。 この作品はイリヤの空UFOの夏という作品で4巻ですでに完結しています。




「戦争は始まってた・・・・・。みんな気付いてなかっただけ・・・・・・。」

浅羽が夏休み最後の日に何か思い出を作ろうと、一人で忍び込んだ夜中の学校のプール。そこで出会った水泳帽をクソまじめにかぶって、真剣に水面を見つめる女の子。伊里野加奈。どこか遠くで戦争が起きていた。軍基地がそびえる街、園原。そして夏・・・・・。
この世界ではいったい何が起きているのだろうか。戦争という言葉に怯えながらそれでも、戦争なんて起きるはずがないと思っている人々。主人公が通う中学を舞台にした青春劇。圧倒的な文章力で書かれている、天才秋山瑞人作の王道セカイ系ラブストーリー。イラストも気象精霊記、まぶらほなどでしられる実力はイラストレーター駒都えーじ。
最強タッグが組む、この作品を読まない手はありません!!
是非、愛読書にして下さい! 私は5回以上読んでいますw
学園モノだけど学園モノじゃない、切ないお話しです。 本当にお薦めします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一文字

Author:一文字
社会人5年目のリーマンです。

mixiで日記をと思ったんですけど、なんか気乗りしなかったのでこっちでまた書こうと思います。

アニメ、ラノベ、ゲーム、声優好きです。
そういわゆるひとつのそういう子。良い子。ゆるい子。不憫な子。そしてオタクな子。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。