スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じ→ちゃん・ぢぇっと!

茅原実里さんのNewアルバムをフライングゲットしてきました。
ただいまエンドレスリピート中。
何回も聴いて掴めてから感想を書きますね~。




jet.jpg



電撃文庫 
じ→ちゃん、ぢぇっと!
著者 ハセガワ ケイスケ

この本を買おうと思ったきっかけはずばり勘違いからでした。
あれはいつものように、ラノベをファーストインプレッション買いをしていた日のこと。
おうちへ帰ってきて戦利品の確認をしている時に、とある本を手に取った私。 
よし、お前から読んでやろうグヘヘヘと非常にわるーい顔でそいつの袋をひん剥き、いざ読み始めようと思ったら何かおかしい。
おもむろに裏表紙の折り返し部分をみてみると・・・・・・・。


>じーちゃん・ぢぇっと!
>じーちゃん・ぢぇっと!!ハニバニ。


2巻から買っちまいましたとさ。
次の日速攻で1巻を買いいそいそと読んでいたわけです。

ハセガワ ケイスケ先生といえば、しにがみのバラッド等で有名で、電撃系のかなり大御所の先生です。
ですが、ハセガワ先生の作品を読んだのはこれが初めてだったりします。

人の心の中とか、目に見えない言葉では表せない思いとかを表現するのがとても上手いと思いますね。
ハセガワ先生だけの細かい演出とか、ポリシーとかが凝っていて、何気ない一文だったり、一言なんですけどそれがまた深いんですよね。
ちょっと抽象的になって申し訳ないんですけど、世界に敏感な方なんだと思います。

例えばブリーチの久保先生の毎回ある詩のように、意味深な文章があったりすようなイメージですね。

物語自体は単純で文章も読みやすく書いてあるので、さくさくいけます。
内容については深く触れませんが、心温まるようなお話とだけ理解してもらえればばっちり問題ないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一文字

Author:一文字
社会人5年目のリーマンです。

mixiで日記をと思ったんですけど、なんか気乗りしなかったのでこっちでまた書こうと思います。

アニメ、ラノベ、ゲーム、声優好きです。
そういわゆるひとつのそういう子。良い子。ゆるい子。不憫な子。そしてオタクな子。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。