スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうかご百物語5

DSC00086.jpg

電撃文庫 ほうかご百物語5

みこした!!(気になったら読んでみてね)

どうも、僕です。

ほうかご百物語5の感想を。

今回のおもしろ妖怪たちは

・蛇女房
・ぬっぺっぽう
・座敷わらし
・悪魔ヶ風
・塵塚怪王
・狸

毎話に真キャラクターを登場させなくてはならないので著者さんは大変だと思いますが、どれもいいキャラしています。 伝承などの妖怪をモチーフにしているのでそれぞれのキャラにコンセプトがあると思いますが、それにしても良く出来ている。

蛇女房は主人公の下でレギュラー化するかと思いきや、江戸橋の妻と言うどんでん返し。

まあ、ありですが、どっちかというと主人公の近くにいてほしかったなぁ。

最近ははいてないがブームなんですかね?w

ぬっぺっぽうを食べるとめちゃくちゃ力がわくらしいです。

要冷蔵。

しかもそのぬっぺっぽうがのちのち重要になってきたりと、物語間の連携もうまく取れていると思います。

浴衣、レスリングユニフォーム、鎧、魔法使いなど今回は服のバリエーションが多かったです。

いつもですが、主要キャラの立ち位置もしっかりしていてユニークなキャラクターがおおいのでサクサク読めます。

ただ、最近九尾の稲葉先生の扱いが酷くて泣きそうです。

イタチさんよりも稲葉先生派なんですけど。

イラストも扉絵オンリーでしたし、もうちょっと優遇してください。

最強の妖怪でしょうがww

とても面白い作品なので次巻に早くも期待です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一文字

Author:一文字
社会人5年目のリーマンです。

mixiで日記をと思ったんですけど、なんか気乗りしなかったのでこっちでまた書こうと思います。

アニメ、ラノベ、ゲーム、声優好きです。
そういわゆるひとつのそういう子。良い子。ゆるい子。不憫な子。そしてオタクな子。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。